おすすめ就活サイト

動画で就活できる「ねっとで合説」とは?評判は?【金欠&忙しい学生は必見】

どうも、新卒で外資系のコンサルティングファームに就職した18卒のK(@consult_career1)です。 就活生「ねっとで合説って名前はよく聞くけどどんなサービスなの?」 「就活サイトって色々あるけど、結局ねっとで合説は登録しておくべき?」 今回はこんな疑問や悩みに答えていきます。 就活といえば、まずイメージできるのが合同説明会(合説)ではないでしょうか。 僕も就活生時代参加しましたが、あの混雑は異常でした・・ そんな企業の説明会をスマホで動画閲覧できるのが『ねっとで合説』です。 この記事を読めば、ね ...

おすすめ就活サイト

スカウト型就活サイト「キミスカ」とは?評判は?適性検査(自己分析)対策にもおすすめ

どうも、新卒で外資系のコンサルティングファームに就職した18卒のK(@consult_career1)です。 就活生「キミスカって名前はよく聞くけどどんなサービスなの?」 「就活サイトって色々あるけど、結局キミスカは登録しておくべき?」 今回はこんな疑問や悩みに答えていきます。 新卒採用では珍しい企業からスカウトを受けられるという逆求人型就活サイトです。 また、個人的には適性検査受けれるのがグットポイントな就活サイトです。(後ほど紹介します) この記事を読めば、キミスカの魅力から使い方まで、その全てがわか ...

ITコンサルへの就職・転職

SEからITコンサルへの転職・社内異動は現実的な選択肢か?【質問箱に回答】

どうも、外資系企業でITコンサルタントして働いているK(@consult_career1)です 今日、Twitterに設定している質問箱にこんな質問がきていました。 大学生 https://pixabay.com/get/54e6dc444356a514f6da8c7dda79367a153ddce454576c48702878d69e44c750bd_640.jpg せっかくいただいたここまでの長文質問を、適当に返すわけにもいかないので記事にしました笑 僕自身入社後はSE、コンサルどちらのロールもこなし ...

おすすめ就活サイト 未分類

LINEで就活!ディグミー(digmee)の評判は?GD対策&早期内定狙いにおすすめ

‪ どうも、新卒で外資系のコンサルティングファームに就職した18卒のK(@consult_career1)です。 就活生「ディグミ―(digmee)って名前はよく聞くけどどんなサービスなの?」 「就活サイトって色々あるけど、結局ディグミ―(digmee)は登録しておくべき?」 今回はこんな疑問や悩みに答えていきます。 「そろそろ就活始めないといけないのわかっているけど、WEB申し込みとかESとかめんどくさい、、、」 こんな学生におすすめなのがdigmeeです。 この記事を読めば、ディグミ―の魅力から使い方 ...

おすすめ就活サイト

就活で稼げる?ユニスタイルの評判は?ES・ガクチカ対策におすすめの就活サイト【動画あり】

どうも、新卒で外資系のコンサルティングファームに就職した18卒のK(@consult_career1)です。 就活生「ユニスタイル(unistyle)って名前はよく聞くけどどんなサービスなの?」 「就活サイトって色々あるけど、結局ユニスタイル(unistyle)は登録しておくべき?」 今回はこんな疑問や悩みに答えていきます。 就職活動において、絶対に避けては通れないのがES対策。 特に大学生活でレポートなど文章を書き慣れていない人にとってESは苦行の極みですよね。。 僕自身初めてES執筆に挑戦した時は4時 ...

ブログ運営

【7回目で合格】Amazonアソシエイト審査通過の条件の真実と嘘

更新日:

どうも、社畜の民いくおく(@consult_career1)です。

先日7回目の申請でようやくAmazonアソシエイトに受かりました。。

いやー長かった。落ちる原因がわからずずっと悪銭苦闘しておりました。

悪銭苦闘していた一番の理由….それは正しい合格の基準がわからなかったから

ネットで検索しても情報に事実と推測が入り混じりすぎているため、結局何を信じ、何を参考にするべきかわかりませんでした。

いまこの記事を読んでいる方の中にも同じような理由で苦しんでいる方は多いのではないでしょうか?

そんな方向けに、今回はAmazonアソシエイトの審査通過の条件の真実と嘘を説明していきたいと思います。

事実と推測を切り分けて話していきます。

 

審査7回目で合格した当ブログの状況から考えるAmazonアソシエイト審査通過の条件【推測】

このブログは2019年5月1日に開設し、今日で毎日投稿26日目となります。

初のAmazonアソシエイトの申請は開設5日目で、6回の不合格の後、23日目に合格通知が届きました。

というわけで実際に審査7回目で合格した時のこのブログのステータスを見ていきましょう。

以下、合格時の当ブログの状況

記事数:22

1記事当たりの平均文字数:2000~2500文字

PV数:約4500

画像:“いらすとや“のみを使用。

*その他の引用画像をすべて削除したことで合格となったので、引用画像は含めないようにしましょう

メール:Gmail

Amazon購入履歴:なし

Amazonプライム:加入していない

ブログの内容、紹介したい商品の説明文:50文字程度の簡潔な記入

アドセンス:なし(審査に通過していない)

プライバシーポリシー:あり

お問い合わせ:あり

これらの条件を満たしていれば合格することができると推測できます。

(この条件満たしてるけど受かっとらんはボケ!って方がもしいたら教えてください。)

ただ、記事数やPV数の最低条件をここから割り出すことはできないため、最短で合格できる条件ではありません。

あくまで、合格できる際の基準として考えてください。

Amazonアソシエイト審査通過の条件のデマ【事実】

ここからは上記の当ブログの合格時のステータスからわかった審査基準として設けられていない条件を挙げていきます。

これは全て推測ではなく事実です。

下記条件は全てネットのデマ情報なので気にする必要はありません。

他のブロガーさんの記事の中には気にするべき項目として扱われていることもありますが、それはただの推測にすぎず、残念ながら事実ではありません。

なぜなら当ブログが以下の基準は満たすことなく合格することができたからです。

以下、審査通過の条件に含まれていないこと

  • 他社のアフィリエイトリンクは貼ってはいけない
  • アソシエイトに受かる前にAmazonの商品リンクを貼ってはいけない
  • 開設一ヶ月以降に申請する必要がある
  • 落ちてすぐ再申請しない方がいい
  • アドセンスに受からないブログはAmazonアソシエイトにも受からない
  • 購入履歴のあるAmazonアカウントを使わなければならない
  • Amazonプライムに加入済みのアカウントを使わなければならない
  • フリーメールはだめ
  • サイト内に運営者のメールアドレスが必要
  • ブログの内容、紹介したい商品の説明文は丁寧に書かなければいけない

 終わりに

いかがでしたでしょうか。

上記の審査通過の条件に含まれていない項目を気にしてしまってる方も多かったのではないかと思います。

特に、「Amazonの購入履歴が必要」、「ブログの内容、紹介したい商品の説明文は丁寧に書かなければいけない」は必須の条件として扱われていることがとても多いですよね。ただ、上述したようにそれは必須条件ではありません。

(*もちろんこれらがあって悪影響はありません。なくても大丈夫だよ!という話です。)

今回のAmazonアソシエイトの審査結果を受けて、正しい情報の取捨選択って大事だなと痛感しました。

現在アドセンスについても審査中なので、また受かり次第情報を共有しますね。

 

 

人気記事

1

どうも、K(@consult_career1)です。 就活生「そろそろ就活に本腰をいれたいんだけど、何から始めたらいい?」 「どこからどうやって情報を集めたらいいか全然わからない・・・」 「リクナビ・ ...

2

どうも、外資系のIT企業に勤めるK(@consult_career1)です。 普段は時々SE(システムエンジニア)、時々コンサルタントとして社畜の日々を送っています。 プログラミング初心者「プログラミ ...

-ブログ運営

Copyright© 外資系コンサルタントの社畜記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.