おすすめ就活サイト

JobSpring(ジョブスプリング)とは?評判は?【AIを駆使した就職エージェント】

どうも、新卒で外資系のコンサルティングファームに就職した18卒のK(@consult_career1)です。 就活生「Jobspring(ジョブスプリング)って名前はよく聞くけどどんなサービスなの?」 「就活サイトって色々あるけど、結局Jobspring(ジョブスプリング)は登録しておくべき?」 今回はこんな疑問や悩みに答えていきます。 この記事を読めば、JobSpringの魅力から使い方まで、その全てがわかります。 <この記事でわかること> ・JobSpringが提供しているサービスとその評判 ・Job ...

おすすめ就活サイト

動画で就活できる「ねっとで合説」とは?評判は?【金欠&忙しい学生は必見】

どうも、新卒で外資系のコンサルティングファームに就職した18卒のK(@consult_career1)です。 就活生「ねっとで合説って名前はよく聞くけどどんなサービスなの?」 「就活サイトって色々あるけど、結局ねっとで合説は登録しておくべき?」 今回はこんな疑問や悩みに答えていきます。 就活といえば、まずイメージできるのが合同説明会(合説)ではないでしょうか。 僕も就活生時代参加しましたが、あの混雑は異常でした・・ そんな企業の説明会をスマホで動画閲覧できるのが『ねっとで合説』です。 この記事を読めば、ね ...

おすすめ就活サイト

スカウト型就活サイト「キミスカ」とは?評判は?適性検査(自己分析)対策にもおすすめ

どうも、新卒で外資系のコンサルティングファームに就職した18卒のK(@consult_career1)です。 就活生「キミスカって名前はよく聞くけどどんなサービスなの?」 「就活サイトって色々あるけど、結局キミスカは登録しておくべき?」 今回はこんな疑問や悩みに答えていきます。 新卒採用では珍しい企業からスカウトを受けられるという逆求人型就活サイトです。 また、個人的には適性検査受けれるのがグットポイントな就活サイトです。(後ほど紹介します) この記事を読めば、キミスカの魅力から使い方まで、その全てがわか ...

ITコンサルへの就職・転職

SEからITコンサルへの転職・社内異動は現実的な選択肢か?【質問箱に回答】

どうも、外資系企業でITコンサルタントして働いているK(@consult_career1)です 今日、Twitterに設定している質問箱にこんな質問がきていました。 大学生 https://pixabay.com/get/54e6dc444356a514f6da8c7dda79367a153ddce454576c48702878d69e44c750bd_640.jpg せっかくいただいたここまでの長文質問を、適当に返すわけにもいかないので記事にしました笑 僕自身入社後はSE、コンサルどちらのロールもこなし ...

おすすめ就活サイト 未分類

LINEで就活!ディグミー(digmee)の評判は?GD対策&早期内定狙いにおすすめ

‪ どうも、新卒で外資系のコンサルティングファームに就職した18卒のK(@consult_career1)です。 就活生「ディグミ―(digmee)って名前はよく聞くけどどんなサービスなの?」 「就活サイトって色々あるけど、結局ディグミ―(digmee)は登録しておくべき?」 今回はこんな疑問や悩みに答えていきます。 「そろそろ就活始めないといけないのわかっているけど、WEB申し込みとかESとかめんどくさい、、、」 こんな学生におすすめなのがdigmeeです。 この記事を読めば、ディグミ―の魅力から使い方 ...

ITコンサルへの就職・転職 外資系企業の働き方

入社して一年で感じた新卒でコンサルに就職する3つのメリット【現役が語る】

入社して一年で感じた新卒でコンサルに就職する3つのメリット【現役が語る】

どうも、外資系のIT企業で働いているK(@consult_career1)です。

「コンサルに興味がある。事業経験もなしでコンサルはやめた方がいいなんて噂も聞くけど、実際新卒でコンサルってどうなの?・・・」

今回が現役ITコンサルタントとして働く僕がこんな悩みや疑問に答えていきます。

ちなみにコンサルといっても戦略・総合系(IT)・シンクタンクなどジャンルは分かれますが、僕が在籍しているファームは総合系(IT)に分類されます。

総合系(IT)のコンサルティングファームに興味がある方はぜひ参考にしてください。

<この記事でわかること>

・現役コンサルタントは実際に感じた新卒でコンサルに入社するメリット

 

新卒コンサルのメリット①年収が高い

ぶっちゃけかなり高いです。

一般的な新卒社員の年収の倍近くもらえます。

以下はトップ企業志望向けの就職活動サイトである外資就活ドットコムが公表している各総合系コンサルファーム初任給です。

残業の量によって前後するとは思いますが、イメージとしてはこの表の通りですね。

各コンサルティングファームの平均年収

引用:外資就活ドットコム https://gaishishukatsu.com/

 

実は、年収が高いだけでなく、手当も意外と充実しています。

僕が在籍しているファームでは、飲食費(管理職がいる時)・タクシー費はすべて経費につけることができました。

また社内の制度を利用して、レジャーチケットや宿泊施設等の割引を受けることができます。

 

新卒コンサルのメリット②社会人として基礎スキルが身につく

コンサルといえば、経営課題分析し経営層に改善案を提案していく、といったイメージが強いかもしれません。

しかし、新卒一年目でいきなり経営層と対話するような機会はまずないと言えます。

それよりも資料作成やメールでの調整など社会人として絶対に必要な基本スキルが飛躍的に向上します。

実際以下のような作業を任されることが多いです。

・上司が提案に使う資料の作成
・会議の議事録作成
・会議の調整
・プロジェクトの管理資料作成

 

これらは一見つまらなそうに見える地味さ作業ですが、全て社会人としての基本スキルです。

エクセル・パワポ・ワードの操作はもちろん、資料の見せ方や会議での振る舞い等徹底的に上司から指導されます。

コンサルタントは基本的に月単位でクライアントと契約を結びますが、その月単価が非常に高額です。

同じように月単位で契約しているシステムエンジニアやプログラマーと比較するとその単価は倍以上高くなります

それゆえ、クライアントからの期待値も高く、求められるレベルが必然とあがります。

一年目から経営層と話したい!とのことであれば、飛び込み営業をやっているような証券や人材などの就職を目指すべきです。

 

新卒コンサルのメリット③昇進しやすい

コンサル業界では新卒から在籍している人は”プロパー”と呼ばれます。つまりは、生え抜き社員のことです。

そしてこのプロパーは転職者組と比べて昇進が早い傾向にあります。

コンサル業界は、働き方の激しさや特徴的な社内文化ゆえ、人材の流動性が非常に高いのが特徴です。

そのためそもそも在籍年数が長い社員が少ないです。

その中で新卒一年目から会社の文化を知り、コンサルタントとしての基礎を叩きこまれるプロパーは非常に有利です。

事実、僕が在籍しているファームのディレクター層(部長クラス)はプロパー出身が非常に多いです。

もちろん転職者もいますが、割合としてはプロパーが圧倒的です。

 

まとめ:バリキャリ志望の方はぜひコンサル業界へ

「バリバリ働いてがっつり稼ぎたい」そんな方にはとってはまさにコンサル業界はぴったりです。

お金もスキルも得られるレベルは他の業界と比べて圧倒的です。

また、既にコンサルに内定が決まっている人は入社前から少しでもスキルを磨いておきましょう。

求められるスキルについてはこちらの記事で紹介しています。

合わせて読みたい
ITコンサルタントに求められるスキルって何?入社前にできる準備も紹介します

どうも、外資系のIT企業でコンサルタントとして働いているK(@consult_career1)です。 IT企業に就職予定の人「ITコンサルタントに求められるスキルってなに?」 「入社する前に少しでもキ ...

続きを見る

人気記事

1

どうも、K(@consult_career1)です。 就活生「そろそろ就活に本腰をいれたいんだけど、何から始めたらいい?」 「どこからどうやって情報を集めたらいいか全然わからない・・・」 「リクナビ・ ...

2

どうも、外資系のIT企業に勤めるK(@consult_career1)です。 普段は時々SE(システムエンジニア)、時々コンサルタントとして社畜の日々を送っています。 プログラミング初心者「プログラミ ...

-ITコンサルへの就職・転職, 外資系企業の働き方

Copyright© 外資系コンサルタントの社畜記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.