エクセル術

【エクセル】書式のコピー&ペースト3つの方法!非効率な方法を選んでしまってはいませんか?

更新日:

f:id:consult_career1:20190618220054p:plain

どうも、外資系のITコンサルに勤めているいくおく(@consult_career1)です。

「セルの色や文字の色だけ他のセルにコピーしたい!」

そんな時に使う書式コピーですが、実は3つ方法があります。

今回はそんな書式コピーの3つの方法を紹介していきます。

それぞれの方法ごとにメリット・デメリットを紹介しているので、状況や習熟度によって使い分けてみてくださいね。

紹介する方法は次の3つになります。

# 方法
1 ペイントブラシを使う
2 右クリック後、貼り付け形式を選択する
3 ショートカットを使う

操作スピードは方法③に近づくほど速くなりますが、その分操作の難易度(覚えやすさ?)も高まります。

それではそれぞれ詳しく説明していきますね。

*↓こちらのA列の書式をそれぞれ隣のセル(B列)に書式コピーしていきます。

【コンサル・エクセル術】書式をコピーする方法

方法①ペイントブラシを使う

ショートカットは使いません・・・って方はこの方法が一番オススメです。

最も初心者向けの方法ですね。

【メリット】

1.マウス操作が簡単

2.機能がシンプル

【デメリット】 

1.ショートカットが使えないので対象のセルを選択するのに時間がかかる

2.書式のコピーにしか使えない

【操作手順】

①対象のセルを選択

②ペイントブラシアイコンをクリック

f:id:consult_career1:20190618210515p:plain

③組織のコピー先を選択(ドラッグ)し、完了

f:id:consult_career1:20190618210819p:plain

方法②右クリック後、貼り付け形式を選択する

方法①と同様にマウス使用者向けのやり方です。

この方法を覚えておけば、書式コピー以外の形式貼り付けにも対応できます。

【メリット】

1.マウス操作が簡単

2.貼り付け形式にカーソルを当てると、貼り付け後の結果を確認できる

【デメリット】 

1.デフォルトで表示される貼り付け形式の選択肢が少ない

2.操作に時間がかかる

【操作手順】

①書式元のセルをコピーし、コピー先のセルを選択

f:id:consult_career1:20190618212246p:plain

②右クリックで"貼り付けオプション:"が表示される

f:id:consult_career1:20190618212544p:plain

③対象のアイコン(今回は書式コピーアイコン)をクリックで、完了

*この時にコピー先のセルの貼り付け後の結果を確認できるのがこのやり方のいいところですね。慣れない内は形式を選択する前にここで確認してみましょう

f:id:consult_career1:20190618212705p:plain

方法③ショートカットを使う

個人的にはこの方法が圧倒的にオススメです。

ショートカットを使い慣れていない方にとっては、始めは難しく感じるかもしれませんが、使いこなせるようになれれば一気に速くなります。

また、最後のTをFに変えれば”数式貼り付け”に、TをVに変えれば”値貼り付け”になるので、他の形式貼り付けにも応用が利いてきます。

コマンド:Ctr + Alt + V + T

*ちなみにAlt + V + H + R でも同様の操作ができます。

どちらでもできるのでここは好みで使う方を選んでみて下さい。

個人的にはCtr + Alt + V + T の方がキー同士の位置が近く操作しやすいと感じているのでこちらを使用しています。

【メリット】

1.マウスを使う必要がない

2.他の方法より圧倒的に速い

3.書式のコピー&ペースト以外にも応用が利く

【デメリット】 

1.ショートカットのコマンド数が多くやや覚えづらい

【操作手順】

①書式元のセルをコピーし、コピー先のセルを選択

f:id:consult_career1:20190618212246p:plain

②ショートカット(Ctr + Alt + V + T)を実行し、完了

f:id:consult_career1:20190618214306p:plain

(★Tips★)

Ctr + Alt + Vを押した時点で下画像のようなポップアップがでます。

今回の書式コピーの場合は書式貼り付けが(V)なので"Ctr + Alt + V + T + V"を実行したわけです。

"Ctr + Alt + V + T + (カッコの中のキー)"でそれぞれの形式にショートカットが実行できるので、余裕がある人は覚えてみてください。

これが使いこなせるようになると、コピー&ペースト操作が圧倒的に速くなりますよ!

f:id:consult_career1:20190618214503p:plain

終わりに

今回の書式コピーのように、エクセルは一つの機能に対して複数の操作方法が用意されていることがとても多いです。

実はいつもやっているやり方は非効率的な方法だった・・・なんてならないように、少しずつ新たなスキルをキャッチアップしていくことをお勧めします。

↓↓↓エクセルの基礎はこのMOSテキストを一冊学習すれば十分マスターできます

①テキスト学習(機能の存在を知る)→②活用→③わからないものが出たらネットで調べる 

というステップで徐々に身に付けていくのがおすすめです。

MOS Microsoft Excel 2016対策テキスト&問題集 Microsoft Office Specialist【1000円以上送料無料】

価格:2,160円
(2019/5/18 22:02時点)
感想(3件)

-エクセル術

Copyright© 外資系コンサルタントの社畜記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.