資産運用

【節税したい人】ふるさと納税活用していますか?

更新日:

どうも、社畜の民いくおく(@consult_career1)です。

みなさんふるさと納税制度って知っていますか?そして活用できていますか?

ふるさと納税ってお得って聞くけど、面倒だしよくわかんないしいいや~!ってなっている方。勿体ないです!

これを機会にふるさと納税を始めてみてください。

  1 ふるさと納税とは

ふるさと納税とは 

ふるさとや応援したい自治体に寄附ができる制度のことです。手続きをすると、所得税や住民税の還付・控除が受けられます。多くの自治体では地域の名産品などのお礼の品も用意! 寄附金の「使い道」が指定でき、お礼の品もいただける魅力的な仕組みです。(引用:ふるさとチョイスホームページhttps://www.furusato-tax.jp/about

上記のようにふるさと納税は、控除上限額内で寄付を行うと、その金額から2000円引かれた額が所得税や住民税の還付・控除を受けることができる制度です。

控除上限額は、その人の収入や世帯構成によって変わります。

(※ふるさとチョイス(https://www.furusato-tax.jp/)のサイトで、簡単に控除上限額の計算ができるので、ぜひアクセスして調べてみてください)

実際の始め方についてはこちらのブログがとても詳しくてわかりやすいので、参考にしてみてください。

https://www.onion-za.jp/furusato-tax/

2 ふるさと納税の3つのメリット

僕はふるさと納税賛成派なので、絶対的にオススメできます。

いまからメリットを3つ挙げていきます。

①:税金の控除が受けられる

収入や世帯などにより控除上限額(使えるお金)が定められており、その控除上限額の範囲内で各自治体に寄付をします。すると控除上限額-2000円分の「所得税の還付(お金が戻ってくるよ)」と「住民税の控除(住民税が安くなるよ)」が受けられるようになるのです。この2000円というのは自己負担で必ず支払わなければならないのですが、実質的な自己負担額は2000円のみであり、この2000円だけで税金の控除を受けられるのです。
具体的に例をあげると、
控除上限額が45000円の人は、45000円分を好きな自治体に寄付(つまり45000円分の返礼品をゲットできる)をすることができ、45000円-2000円=43000円分の所得税の還付と住民税の控除を受けることができるんです。

*所得税に関しては今年分、住民税に関しては来年分を対象としているため、所得税は来年の6月ごろに自身の口座に所得税分が戻ってきます(還付)。住民税は、来年分の住民税が割引となります。

②:返礼品がもらえる

先ほど控除上限額の範囲内で各自治体に寄付ができるとしました。上限内で寄付を行うことで、返礼品をもらうことが出来るのです。返礼品には近江牛、うなぎ、お米、ビール、ティッシュ、トイレットペーパーなどなど、生活雑貨からご褒美品など様々です。わたしはいちごをもらいました!

つまり2000円負担するだけで所得税・住民税がお得になり、プラスで返礼品ももらうことが出来るのです。

返礼品の中には近江牛、うなぎ、お米、ビール、ティッシュ、トイレットペーパーなどなど..
普段はなかなか買えないような贅沢品から日用品まで様々な商品がラインアップされています。

はい、要は「美味しいものを食べられて、お金も得する」すんばらしい制度なのです。
使わない理由は見当たりません。

③:社会貢献になる

そもそもふるさと納税制度は、今日のわが国では少子高齢化や地方の過疎化が進行し、地方の税収が減少したことで始まった制度です。自分が選んだ自治体に寄付すること社会貢献ができるのです。また、自治体によっては寄付の活用方法を選択できるところあります。例えば震災からの復興、観光業、バリアフリーなど様々です。

3. ふるさと納税制度の注意点

便利なふるさと納税ですが、注意点がいくつかあるのでそれについても列挙していきます。

①確定申告をしないといけない

ふるさと納税では、一旦マイマネーで返礼品を購入しているので、税金の還付・控除を受けるためには確定申告をしないといけません。

あっめんどっちい。

そう思いますよね。

そんな悩める皆様にこちらの制度をご紹介いたします。

「ワンストップ特例制度」!!

②ワンストップ特例制度って?

ワンストップ特例制度とは

年間の寄附先が5自治体までなら、確定申告をしなくても、寄附金控除が受けられる仕組みです。申請書を寄附した自治体に送ることで、控除上限額内で寄附した合計寄附額のうち2,000円を差し引いた額が、住民税から全額控除されます。
※確定申告を必要とする(自営業者、医療費控除などを受ける)方はご利用できません。(引用:ふるさとチョイスホームページ)

 年間5自治体までなら、わざわざ確定申告するために税務署に行かなくて済むんです。

私も最初確定申告というワードを聞いたときは震えましたが、この制度を知って安心しました。

③ワンストップ特例制度を利用するには?

このワンストップ特例制度を利用するためには、寄付をする際に「ワンストップ特例制度を利用する」にチェックを入れるか、自治体に連絡をするか、ふるさとチョイスのホームページから印刷するか、などの方法でワンストップ特例制度の用紙を入手する必要があります。

用紙を入手したら、各項目を記入します。

そして、マイナンバーカードや通知カードのコピーを用意します。

(マイナンバーカードの人は両面をコピー、通知カードの人は通知カードのコピーと身分証明書をコピー。詳しくはこちらのサイトhttps://www.furusato-tax.jp/about/onestop を参照してください。)

それらを寄付した自治体に郵送するだけ!!!

これでおしまいです。

たったこれだけで、税金がお得になり、返礼品ももらえるのです。

(僕は今年鹿児島産のいちごをもらいました↓)

【ふるさと納税の返礼品】鹿児島産のいちご

3 おわりに

一見難しそうなふるさと納税制度。ご理解いただけましたでしょうか?

住民税の控除は来年分となります。社会人1年目の方は住民税をもともと支払っていないので、2年目からの節税のために1年目からふるさと納税制度をぜひ利用してください!

これを機に面倒臭がらずに、ふるさと納税を申し込んでみてはいかがでしょうか?

人気記事

1

どうも、外資系のIT企業に勤めるいくおく(@consult_career1)です。 普段は時々SE(システムエンジニア)、時々コンサルタントとして社畜の日々を送っています。 プログラミング初心者「プロ ...

2

どうも、新卒1年目で月残業時間100時間越え、社畜の民いくおく(@consult_career1)です。 今回は前田裕二さんの「人生の勝算」を紹介します。 また、本の内容に加えて「人生の勝算」を無料で ...

-資産運用

Copyright© 外資系コンサルタントの社畜記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.