IT業界への就職・転職 コンサル仕事術

ITコンサルタントに求められるスキルって何?入社前にできる準備も紹介します

更新日:

どうも、外資系のIT企業でコンサルタントとして働いているいくおく(@consult_career1)です。

IT企業に就職予定の人
「ITコンサルタントに求められるスキルってなに?」

「入社する前に少しでもキャッチアップしておきたいんだけど、何か勉強できることないかな?」

ITコンサルに就職予定の人のこんな疑問に答えていきます。

【この記事でわかること】
・ITコンサルタントにとって必要なスキル
・入社前にコンサルタントとしてのスキルを向上させておく準備方法

 

今回は現役ITコンサルタントの僕が、入社してから1年で特に必要とされていると感じた3つのスキルを紹介していきます。

そのスキルとは次の3つです。

①全般的なITナレッジ

②ロジカルシンキング

③資料作成スキル

それぞれキャッチアッププランまで解説しているので、参考にしてみてください。

 

①全般的なITナレッジ

ITコンサルタントの主な役割は、クライアント企業の経営課題に対しITソリューションを提供することです。エンジニアやプログラマーとは違って、プロジェクト全体のプランニングや推進といった上流工程を担うのがITコンサルタントの特徴です。
専門的な知見というよりも、視野の広いIT全般の知見が要求されます。
よく誤解されがちですが、ITコンサルタントの武器はあくまでITです。ITの知見がないままでは、普段のなにげない会話ですらついていけません。

入社前にできる準備①➡IT系の資格を勉強しておく

広く浅くITの素養を身に着けておくという意味では資格の勉強は有効です。
特に、ITパスポートのような実務経験がなくてもとっつきやすい資格を勉強しておくのがおすすめです。
ITパスポートは内容が専門的過ぎず、基本的なITリテラシーを見つけることができます。
僕自身、まずはITパスポートの教材を隅から隅まで暗記する気で学習しましたが、入社後の業務に直接的に活きました。

教材はこの1冊を使っておけばOKです。教材自体がわかりやすいので、資格は無理に受験せず、参考書として持っておくのもありです。

 

入社前にできる準備②➡プログラミングを勉強する

「コンサルタントなのにプログラミングなの?」と思われたかもしれませんが、結論からいうと勉強しておくべきです。効果抜群です。
たしかにITコンサルタントである場合、実際にコードを書くという役割を担うことは基本的にないです。
しかし、ITの素養を身に着けるという意味ではやはり最低限経験しておくべきです。
ITコンサルタントがプログラミングスキルを身に着けておくべき理由はこちらの記事で詳しく解説しています。

ITコンサルタントにプログラミングスキルは必要か?【結論:勉強すべき】

 

②ロジカルシンキング

コンサルタントといえば、やはりロジカルシンキングのイメージを持たれる方が多いのではないでしょうか。
ITコンサルタントにとってもやはり必要とされるスキルです。
ITコンサルタントが担うシステム開発の上流工程では、クライアントが抱える課題に対する解を導き、それを可視化することで、関係者の合意を得ていくことが求められます。

「思いついた解決策をとりあえず片っ端から実施してみる」これが一番最悪です。

問題の本質的な課題(ボトルネック)を見抜き、解決までの道筋を描けてこそはじめて価値あるコンサルティングを行うことができます

入社前にできる準備➡コンサル出身者のビジネス本を読む

正直ロジカルシンキングは一長一短で身につくものではありません。やはり、実務で揉まれてこそ身につくものです。
しかし、コンサルタントの先輩方の思考法を事前にインプットしておくことはできます。

本を読むことでMECE(ミーシー)やロジカルツリーといったフレームワークのような技術はもちろん、コンサルタントとしてのマインドや働き方も知ることができます。

そして、特におすすめしたいのがこの2冊です。コンサル界隈では言わずと知れた超有名書籍です。(以下リンク先のAmazonや楽天のレビューを読んでみればその評価の高さがわかるはずです。)

1冊目:イシューからはじめよ――知的生産の「シンプルな本質」

 

2冊目:考える技術・書く技術

これらの本を事前に読んでおくことで、ロジカルシンキングの基礎をインプットしておきましょう。

 

③資料作成スキル

上述したようにITコンサルタントはクライアントの課題に対する解を導き、それを可視化することで関係者の合意を得ていくことが求められます。
この可視化にあたって、資料を作成する機会は非常に多いです。
実際、作成する資料は多岐に渡り、日々膨大な量の資料を作成・管理していきます。
例えば、提案書、進捗管理表、進捗報告書、議事録…等々です。
ITナレッジやロジカルシンキングといった”知識”や”思考法”も必要ですが、エクセルやパワポを用いた資料作成の手を動かす”作業スピード”も求められるというわけです。

入社前にできる準備➡MOSを勉強する

MOS(マイクロソフト オフィス スぺシャリスト)とはマイクロソフト社が唯一公式で認めている、Microsoft Office製品の操作スキルに関する資格です。
MOSにはWord、Excel、PowerPoint、Access、Outlookの5科目が存在します。
この中でも特に業務での使用頻度が高いエクセルを学習しておくのがおすすめです(余裕があればパワポにも取り組んでおきましょう)

僕自身入社前にどちらも学習したのですが、学習する前と後では作業スピードが圧倒的に変わります。即効性抜群です。
問題自体が実際にエクセルやパワーポイントを操作する形式となっているので、ただの知識ではなくスキルとして身につきます。

教材はこちらの公式問題集を使用しておけばOKです。

1冊目:MOS(エクセル)

 

2冊目:MOS(パワポ)

 

まとめ:ITコンサルタントはキャッチアップ能力が命

最後に今回紹介したITコンサルタントに求められる3つのスキルと、入社前にできる準備をまとめておきます。

①全般的なITナレッジ
IT系の資格を勉強しておく
プログラミングを勉強する

②ロジカルシンキング
コンサル出身者のビジネス本を読む 

③資料作成スキル
MOSを勉強する

 

ITコンサルタントはキャッチアップ能力が命です。常に新しい情報と技術を身に着けていくことが求められます。

なにより知識と経験がものをいう実力主義の世界なので、入社前にできることはいまの内に準備しておくといいですね。

 

人気記事

1

どうも、外資系のIT企業に勤めるいくおく(@consult_career1)です。 普段は時々SE(システムエンジニア)、時々コンサルタントとして社畜の日々を送っています。 プログラミング初心者「プロ ...

2

どうも、新卒1年目で月残業時間100時間越え、社畜の民いくおく(@consult_career1)です。 今回は前田裕二さんの「人生の勝算」を紹介します。 また、本の内容に加えて「人生の勝算」を無料で ...

-IT業界への就職・転職, コンサル仕事術

Copyright© 外資系コンサルタントの社畜記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.