おすすめ就活サイト

JobSpring(ジョブスプリング)とは?評判は?【AIを駆使した就職エージェント】

どうも、新卒で外資系のコンサルティングファームに就職した18卒のK(@consult_career1)です。 就活生「Jobspring(ジョブスプリング)って名前はよく聞くけどどんなサービスなの?」 「就活サイトって色々あるけど、結局Jobspring(ジョブスプリング)は登録しておくべき?」 今回はこんな疑問や悩みに答えていきます。 この記事を読めば、JobSpringの魅力から使い方まで、その全てがわかります。 <この記事でわかること> ・JobSpringが提供しているサービスとその評判 ・Job ...

おすすめ就活サイト

動画で就活できる「ねっとで合説」とは?評判は?【金欠&忙しい学生は必見】

どうも、新卒で外資系のコンサルティングファームに就職した18卒のK(@consult_career1)です。 就活生「ねっとで合説って名前はよく聞くけどどんなサービスなの?」 「就活サイトって色々あるけど、結局ねっとで合説は登録しておくべき?」 今回はこんな疑問や悩みに答えていきます。 就活といえば、まずイメージできるのが合同説明会(合説)ではないでしょうか。 僕も就活生時代参加しましたが、あの混雑は異常でした・・ そんな企業の説明会をスマホで動画閲覧できるのが『ねっとで合説』です。 この記事を読めば、ね ...

おすすめ就活サイト

スカウト型就活サイト「キミスカ」とは?評判は?適性検査(自己分析)対策にもおすすめ

どうも、新卒で外資系のコンサルティングファームに就職した18卒のK(@consult_career1)です。 就活生「キミスカって名前はよく聞くけどどんなサービスなの?」 「就活サイトって色々あるけど、結局キミスカは登録しておくべき?」 今回はこんな疑問や悩みに答えていきます。 新卒採用では珍しい企業からスカウトを受けられるという逆求人型就活サイトです。 また、個人的には適性検査受けれるのがグットポイントな就活サイトです。(後ほど紹介します) この記事を読めば、キミスカの魅力から使い方まで、その全てがわか ...

ITコンサルへの就職・転職

SEからITコンサルへの転職・社内異動は現実的な選択肢か?【質問箱に回答】

どうも、外資系企業でITコンサルタントして働いているK(@consult_career1)です 今日、Twitterに設定している質問箱にこんな質問がきていました。 大学生 https://pixabay.com/get/54e6dc444356a514f6da8c7dda79367a153ddce454576c48702878d69e44c750bd_640.jpg せっかくいただいたここまでの長文質問を、適当に返すわけにもいかないので記事にしました笑 僕自身入社後はSE、コンサルどちらのロールもこなし ...

おすすめ就活サイト 未分類

LINEで就活!ディグミー(digmee)の評判は?GD対策&早期内定狙いにおすすめ

‪ どうも、新卒で外資系のコンサルティングファームに就職した18卒のK(@consult_career1)です。 就活生「ディグミ―(digmee)って名前はよく聞くけどどんなサービスなの?」 「就活サイトって色々あるけど、結局ディグミ―(digmee)は登録しておくべき?」 今回はこんな疑問や悩みに答えていきます。 「そろそろ就活始めないといけないのわかっているけど、WEB申し込みとかESとかめんどくさい、、、」 こんな学生におすすめなのがdigmeeです。 この記事を読めば、ディグミ―の魅力から使い方 ...

ITコンサルへの就職・転職

ITコンサルタントの年収が高い理由【年収1000万越えは当たり前】

ITコンサルタントの年収が高い理由【年収1000万越えは当たり前】

どうも、現在外資系企業でITコンサルタントとして働いているK(@consult_career1)です。

「ITコンサルタントって年収高いって聞くけど、実際どれくらいもらって
るの?」
そもそも高年収になる理由ってなに?」

今回はこんな疑問や悩みに答えていきます。

<この記事でわかること>

・ITコンサルタントの年収
・ITコンサルタントが高給取りになる理由

 

ITコンサルタントの平均年収と役職ごとの年収

平均年収

経済産業省によるIT関連産業の給与等に関する実態調査結果によると、ITコンサルタントの平均年収は928.5万円となっています。(下表赤枠)

引用:IT関連産業の給与等に関する 実態調査結果(https://www.meti.go.jp/press/2017/08/20170821001/20170821001-1.pdf

IT業界の他職種と比べても抜きん出て年収平均が高いことがわかります。

加えて、ITコンサルタントは20代前半~30代後半と若い世代が社員の大半を占めているため、若手の内から高収入を得ることができる企業と言えます。

 

役職ごとの年収

以下に、新卒に入社した場合の役職ごとの年収をまとめました。

コンサルタントまでは比較的昇進しやすい傾向にありますが、マネージャー以降は茨の道です。

逆に10年以上在籍している(生き残っている)社員はほぼ間違いなく年収1000万を超えているとみることができます。

年齢 経験年数 年収
1.アナリスト(弱平社員) 20代前半 2~4年目 500~700万円
2.コンサルタント(強平社員) 20代中盤~後半 3~5年目 700~900万円
3.マネージャー(弱課長) 20代後半~30代後半 5年目以上 900~1300万円
4.シニアマネージャー(強課長) 30代前半~40代 10年目以上 1300~2000万円
5.ディレクター(部長) 30代後半~40代 15年以上 2000万~4000万
6.パートナー(役員) 40代前半~ 20年以上 4000万~数億円

また、IT業界出身者や、事業会社出身者は中途採用でコンサルタントやマネージャーからキャリアをスタートすることが可能です。

よく誤解されがちですが、IT経験がなくともITコンサルタントへの転職は可能です。

事業会社で専門的な業務知識を有している方はその知識を生かして、クライアントと折衝できるため強みを発揮することできます。ITナレッジは転職後にキャッチアップしていけばOKです。

 

大手ITコンサルファーム年収ランキング(独自調査:ソースあり)

OpenWork(旧Vorkers)の社員口コミ情報を元に主要大手ITコンサルファームの平均年収を以下にまとめました。

※回答数にバラツキがあるためため、あくまで参考値となります。
また、この結果にはシステムエンジニアの回答も含まれているため、アクセンチュアやアビームといった企業はITコンサルタントの回答のみに絞ればさらに平均年収が上がるはずです。

順位 社名 回答者の平均年収 回答者の年収範囲 回答者数
1位 野村総合研究所 988万 330~2000万 163人
2位 デロイト 920万 400~2200万 158人
3位 PwC 889万 450~2300万 133人
4位 IBM 866万 380~2800万 328人
5位 KPMG 843万 520~2700万 49人
6位 アクセンチュア 841万 300~3000万 443人
7位 アビーム 819万 400~1600万 206人
8位 ベイカレント 766万 350~1500万 94人
9位 EY 743万 450~1550万 61人
10位 シンプレクス 637万 500~1200万 35人

 

この結果からわかる特徴としては、回答者の平均年収のレンジに大きく幅が見られることです。

特に外資系企業の日本拠点となる、BIG4(デロイト、PwC、KPMG、EY)やアクセンチュア、IMBといった企業はその差が顕著です。

 

ITコンサルタントの年収が高い3つの理由

理由①一人あたりの月単価が高い

ITコンサルタントはクライアントとなる企業から月単位で報酬をいただいてます。(人月単価)

この人月単価がITコンサルタントは非常に高額です。プログラマーやSE(システムエンジニア)の人月単価が80万~160万となる一方、ITコンサルタントの月単価は250万~300万になります

この人月単価から様々な金額が引かれた結果が、一個人の月収となるため必然的にITコンサルタントに支払われる年収は高まります。

 

理由②優秀な人材を獲得するため

理由①で述べたようにITコンサルタントはIT業界の他職種と比べて、人月単価が高額です。

それゆえ、雇い主からするとその単価に見合ったバリュー(価値)をクライアントに提供できる人材を獲得する必要があります

具体的には以下のようなスキルを持つ人材が求められます。

・IT全般に関わる深い知見
・新たな情報を最短最速で身に着けるキャッチアップ能力
・ロジカルシンキング
・クライアントの業務的知見
・高いコミュニケーション能力
・作業のスピードと正確性(資料作成など)
・英語(あるとよい)

このように幅広いスキルが求められるため、ITコンサルタントはスペシャリストというよりもジェネラリスト的な側面が強いです。

逆にいうと、このような幅広いスキルを持っている人材はIT業界での転職市場価値も高く、転職することでほぼ間違いなく年収UPが期待できます。

※求められスキルについてはこちらの記事でも紹介しています。

合わせて読みたい
ITコンサルタントに求められるスキルって何?入社前にできる準備も紹介します

どうも、外資系のIT企業でコンサルタントとして働いているK(@consult_career1)です。 IT企業に就職予定の人「ITコンサルタントに求められるスキルってなに?」 「入社する前に少しでもキ ...

続きを見る

理由③年功序列ではなく成果主義

ITコンサルタントは年功序列ではなく、成果主義の給与体系となっていることが大半です。

それゆえ、成果さえ残すことができれば昇進スピードも速く、昇給額も一気に跳ね上がります。

(僕が所属しているファームでは新卒3年目で年収800万に到達している女性がいるほどです。。)

成果主義の給与体系が大半となっている理由としては、ITコンサル自体のほとんどがグローバル企業であることがあげられます。

先ほど海外に支社を持っている、世界的に有名な企業です。

外資系企業では成果主義的な給与体系であることが一般的であるため、日本支社である各ITコンサルファームも同様の給与体系が取り入れられているということです。

 

まとめ:ITコンサル志望者向けのおすすめ転職サイトはこの3つ

最後にITコンサルへ転職をする際に、特におすすめの転職サイトを紹介しておきます。

ITコンサルはIT×コンサル×外資という3つの特徴を持っています。

これらの領域に特化した転職エージェントに相談するようにしておきましょう。

コンサル転職におすすめの転職サイト3選

①とりあえず転職サイトに登録してみる
⇒転職者の約8割が利用
リクナビNEXT(公式HP)

②コンサル未経験者におすすめ
⇒転職支援実績NO.1(コンサル専門部署あり)
リクルートエージェント(公式HP)

③現職がSE・プログラマの人におすすめ
⇒SE・プログラマーの転職に特化
マイナビエージェント×IT(公式HP)

 

人気記事

1

どうも、K(@consult_career1)です。 就活生「そろそろ就活に本腰をいれたいんだけど、何から始めたらいい?」 「どこからどうやって情報を集めたらいいか全然わからない・・・」 「リクナビ・ ...

2

どうも、外資系のIT企業に勤めるK(@consult_career1)です。 普段は時々SE(システムエンジニア)、時々コンサルタントとして社畜の日々を送っています。 プログラミング初心者「プログラミ ...

-ITコンサルへの就職・転職

Copyright© 外資系コンサルタントの社畜記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.